憲法改正反対!国際法違反の現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!

いろいろなブログを紹介していくつもりです。いわゆる「他人のふんどしで相撲を取る」他力本願寺ですね。

パヨクに対する偏見を糺す。

行橋「ゆくはし」市市議会議員小坪慎也さんのブログです。

 

 


https://samurai20.jp/2017/10/ooyama_t-6/

 


引用

 

どうして彼女たちのみが、暴言が許されるのか?
私たち保守系は、何を言おうとヘイトヘイトと騒がれ、明らかに特定の思想のみを推進する【便利ワード】となっている。

 

自衛隊のみが、我慢せねばならぬのか?
そう、確かに自衛隊は物が言えぬ。

だが、元・自衛官には、自由がある。
左派を黙らせろとは言わないが、私たちにも同じ自由がある。

彼らの権利も認め、むしろ擁護する立場だが、
「おかしい」ことには、おかしいと言う権利がある。

 

選挙が終われば、禊が終わる。
「任期中」のことは、「任期中のうち」にケジメをつけるもの。

宮古島市議会議員選挙

投 票 日 :平成29年10月22日(日)
告 示 日 :平成29年10月15日(日)

 

市議選の前に「討論」に応じるのが筋だ。

 

政治家は、言論で戦うべきだ。
公開討論から逃げ、「ヘイトをまき散らす」議員を、
【放置しない自由】が、私たちにはある。

どうして左派は、「言い逃げ」ばかりなのか。
公開の場において、討論に応じよ!
それが議員の矜持であり、政治家の生き様だ。

 


引用以上

 

 

「パヨクは逃げる」から、彼女も逃げるに違いないと言う意見もあるようですが、全てのパヨクが討論から逃げる訳ではありません。
現に、党首討論会には共産党の党首が出席して堂々と「フルボッコ」されていました。笑笑。
「パヨクだから逃げる」のではなく、討論でフルボッコされるのが嫌だから逃げるのだと思います。
パヨクでも討論に挑む人はいるのです。逆に「保守」と言われる人でも批判していた相手から討論を申し込まれて、逃げ回っている人もいますよね。