憲法改正反対!国際法違反の現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!

いろいろなブログを紹介していくつもりです。いわゆる「他人のふんどしで相撲を取る」他力本願寺ですね。

余命12/21アラカルト

余命三年時事日記さんのブログです


http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/12/21/1398-12/21アラカルト/


引用

 

20日で入管通報資料の投稿を閉め切らせていただいた。
1380~1389まで728投稿である。少なくともページ数にするとA4で1000ページはこえるだろう。データがファイルで入っているものがかなりあるので実際にはもっとあるかもしれない。
 入管通報資料と外患罪告発資料とがごちゃまぜになって投稿されている。
入管通報のほうは在日外国人か帰化人が前提であるから、在日弁護士の場合は、登録が本名であっても、通名を使用しているか、帰化しているか、帰化手続きに不備はないか等について通報となる。
 外患罪告発のほうは、在日外国人の政治活動をはじめ、日本人を貶める行為はすべて利敵行為として告発される。
 よって在日弁護士とその組織は両方に絡んでいる。
 二重国籍の問題は帰化人にとっては大変な問題だが、特に今回は蓮舫の問題があるので政治家は重点的にまとめて入管通報と外患罪での告発もある。
 ケースバイケースではあるが、けがの功名というか、両方の資料が大量に集まったので、今後はこれで行くことになる。ご協力ありがとう。


 

 

.....宇治は第四次告発リストに入っている。まあ、どこかで外患罪告発事案が起訴となればドミノ現象が起きる。それまではこつこつ我慢だね。

 

 

.....神奈川県黒岩知事は憲法違反生活保護費支給と朝鮮人学校補助金支給の関係で外患誘致という罪名で告発されていた。今回、東京地検から返戻ということで調子に乗ったかな。再告発して、もう一度返戻ということになれば、売国奴を擁護するものは同罪として、今度は地検を外患誘致罪で告発することになる。
 横浜地検東京地検もそろそろスパイラルに巻き込まれそうになってきた。しかし行くとこまで行かないと国民の冷ややかな目はわからないだろう。しあわせだなあ。
 外患罪には聖域がないから裁判官であろうが弁護士であろうが検事であろうが売国奴はすべて告発対象となる。また第四次以降は委任状ではなく、告発状1000通運動に切り替わる。これは朝日新聞集団訴訟と同じように集団原告団を作る。返戻されればされるほど告発人が増えていく。この詳細については近々、お知らせする。

 

 

.....もう、北朝鮮には全く遠慮がなくなったな。

 

引用以上

 

余命氏は怪我の功名と言っていますが、「実は…」なのかもしれませんね。入管通報資料と外患誘致罪告発資料の両方をゲットしたのですから。