読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憲法改正反対!国際法違反の現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!

いろいろなブログを紹介していくつもりです。いわゆる「他人のふんどしで相撲を取る」他力本願寺ですね。

余命在日弁護士集団

余命三年時事日記さんのブログです


http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/12/15/1376-在日弁護士集団/

 

引用

 

 司法汚染の元凶は日弁連であり、弁護士=裁判官=検察官という司法汚染の諸悪の根源を追求していくと、なんと在日弁護士に行き着く。
 異常な判決を下す裁判官、訴訟ビジネスの弁護士、刑事告発を却下する検事等は李明博の日本乗っ取り完了宣言も宜なるものとして納得できるレベルに達している。
 悪夢の民主党政権から安倍政権へかわり、この3年間で、在日や反日勢力への法規制が猛烈に厳しくなった。これにより、対応できなくなった在日が毎日のように事件を起こしている。そのほとんどが住所不定韓国人あるいは朝鮮人である。
 通名が使えず、生活保護も年金、医療その他、福祉への蚕食についてもメスが入りつつある。すでに、憲法違反生活保護費支給については東京都知事を除く全国知事、また朝鮮人学校関係の補助金支給については、明確な自治体について告発している。
 今後、入管通報での二重国籍のあぶり出しと、通名使用便衣兵の高確率存在が予想されるのが在日弁護士協会であるが、やっとここまでこぎ着けたというのが実感である。
 この協会は、ネタの宝庫で、すでに川崎デモ関係で告発されている弁護士がいるし、通名で弁護士活動しているものもいる。堂々と政治活動をしているものもいるから、もう宝の山である。
 今回は、通報や告発を前提とした資料として、朝鮮人学校関係の弁護士情報を記載する。

 

 

.....在日弁護士は6月5日川崎デモ関連でも、違法請求と在日の政治活動禁止を無視した活動をしている。以下は第一次告発における告発状であるが、この中には二人もの在日弁護士(宋恵燕、姜文江)が並んでいる。今後、個人と所属組織を外患罪で告発することになる。


告 発 状

東京地方検察庁 検事正殿           平成28年 月 日

告発人 
○○○○
他、委任状を添付するもの50名

被告発人 
社会福祉法人青丘社
横浜地方裁判所川崎支部裁判官 橋本英史
債権者代理人弁護士 三木恵美子
同 宋 恵燕
同 神原 元
同         櫻井 みぎわ
同         姜 文江
川崎市長      福田紀彦

第一 告発の趣旨
被告発人の以下の行為は、以下の罪名に該当し、看過できないので、厳重に処罰されたく、ここに告発する。

第二 告発の罪名
刑法第81条 外患誘致

第三 告発の事実と経緯

 

 


引用以上


法曹界でのターゲットが在日弁護士集団ですね。実名で活動しているのはまだ可愛い方です。いったい何人が日本名で成りすましていることやら?笑えない話です。