憲法改正反対!国際法違反の現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!

いろいろなブログを紹介していくつもりです。いわゆる「他人のふんどしで相撲を取る」他力本願寺ですね。

ファビョン火病

マイケルヨンさまのブログです

http://michaelyonjp.blogspot.jp/2016/08/korean-mental-health-hwa-byung-angry.html


引用


Korean Mental Health -- Hwa-Byung: Angry Korean disorder
朝鮮人の精神衛生 ― Hwa-Byung:ファッピョン 火病
※ 怒りの感情により発する朝鮮民族固有の文化依存症候群

興味深い論文:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4232959/

 


「この論文の目的は朝鮮人朝鮮人移民に特徴的な文化的症候群:火病(Hwa-Byung)についてのレビューを与える事にある。火病は一般にDSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders:アメリカ精神医学会作成の「精神疾患診断統計マニュアル」)で定義される他の精神疾患とは異なる特徴的な症状をもつ。火病は頻繁な怒りや不安障害、大うつ病性障害などの症状を同時に引き起こす。精神的対立や姻戚らとの衝突による精神的および社会的ストレスなども火病のリスクファクターに含まれる。

これまで火病症候群は主に医療モデルを基にして研究されてきた。

我々は以前の研究をベースに火病の新しい生態学上のモデルを提示する。将来の研究の方向性や我々の生態学モデルの限界についても述べる。最後に特に米国における韓国人女性に対する治療法について議論する。」


http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4232959/

引用以上

ウィキペディアによると

火病は、怒りの抑制を繰り返すことで、ストレス障害を起こす精神疾患を指す。 現行の『精神障害の診断と統計マニュアルⅤ』には記載がない。

アメリカ精神医学会は、火病を「朝鮮民族特有の文化依存症候群の一つ」として扱い、『精神障害の診断と統計マニュアルⅣ』の付録である、文化に結びついた症候群に記載が見られる[4]。

火病は症候として、疲労、不眠、パニック、切迫した死への恐怖、不快感、食欲不振、消化不良、動悸、呼吸困難、全身の疼痛、心窩部に塊がある感覚などを呈する。

 

とあります。

 

拡散希望します