憲法改正反対!国際法違反の現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!

いろいろなブログを紹介していくつもりです。いわゆる「他人のふんどしで相撲を取る」他力本願寺ですね。

豪州の慰安婦像

マイケルヨンさまのブログです

http://michaelyonjp.blogspot.jp/2016/08/australia-koreanchinese-comfort-women.html

引用


拝啓

我々は反日の韓国人活動家が慰安婦像の除幕式を中止するよう勧告した市議会の決定を無視したことに落胆している。

はっきりさせるためここに我々の立場を再掲する。

敬具
Tesshu Yamaoka
オーストラリア - 日本コミュニティーネットワーク会長

 

「急展開するシドニー慰安婦像設置問題」

2016年8月8日


AJCNは5月中旬から、韓国の政治団体挺対協(挺身隊対策協議会)の影響下にある反日韓国人グループ FWCA (Friends of ‘Comfort Women’ in Australia) による慰安婦像設置計画に対し反対活動を行っています。この反日グループは、昨年12月28日に日韓両政府で合意したいわゆる”慰安婦に関する日韓合意”に反対し、彼らの言う真の解決を主張、一部の元・韓国人慰安婦を抱き込んで韓国国内で激しい反対運動を繰り広げ、韓国政府と厳しい対立関係に入っていることは皆さんご承知のことと思います。
海外においても、韓国の反日洗脳教育により、事実をまっすぐ見ることができない視野狭窄に陥っている若い韓国人たちが、欧米で反日韓合意のキャンペーンを展開しています。シドニーでもそれに同期して、水曜デモ、アングレーム漫画展への慰安婦関連作品の展示イベント、反日映画「鬼郷」の上映会など企画し、実施中です。


慰安婦像お披露目セレモニー」

反日グループは、8月6日に慰安婦像を韓人会館に保管するので除幕式を外部で行いたいと、管轄のCanterbury-Bankstown Councilに申請を出しましたが、市は以前よりAJCNと話し合い、この問題の本質を承知していたため、内部で小規模の披露セレモニーを行えと指示しました。実は韓人会館の施設と土地は、市からリースしているので、イベント開催と像の設置にはオーナーである市の同意を得ることが必要であり、またコミュニティの平和を重視する立場からこのような通達を出したものです。しかし反日グループは必死の請願を続け、イベント開催の週の初めに市は妥協して多くの条件を付けて、会館横の市所有のネットボールコートと韓人会館建物内部での披露セレモニーの開催を認めました。条件としては、想定外の事件に対応するための積立金(Bond)の確保、短時間の開催、独自で保安要員を雇うこと、横断幕(バナー)の使用禁止、駐車場の使用禁止、ごみの除去等です。さら保管に際しては建物の中とし、韓人会館会員以外の公衆の目に触れないようにすることと通知しました。韓人会館は講堂(Auditorium)を他の人種、オースラリア人にも誕生会、クリスマスパーティなどのイベント開催用に貸し出しており、対策に苦慮したものと推測します。韓人会館は市に無断でまた貸ししており、これは市とのリース契約に違反しています。
披露セレモニーが終了すると、慰安婦像は韓人会館内に搬入されることなく、そのままクレーンで吊り上げられトラックに載せられ、AshfieldのUniting Churchの敷地内に搬入されました。もともと慰安婦像のキット(青銅の像、ベースの石板、2つの黒色石製銘版、移動用車輪内臓の白木製台車が一体となっている)は大きく、重いため、建物内への持ち込みは不可能と判断したものと思われます。


引用以上


オーストラリアでの慰安婦像設置には大韓民国だけでは無く、中華人民共和国の意向が反映されています。オーストラリア以外の国でも中韓が野合しています。むしろ、主敵は中共なのです。