読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憲法改正反対!国際法違反の現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!

いろいろなブログを紹介していくつもりです。いわゆる「他人のふんどしで相撲を取る」他力本願寺ですね。

余命2017/05/24アラカルト2

余命三年時事日記さんのブログです


http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/24/1662-2017524アラカルト/


今回は余命氏のコメントは有りません。
余命三年時事日記
余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記2
余命三年時事日記外患誘致罪
余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

余命2017/05/24アラカルト

 

余命三年時事日記さんのブログです


http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/24/1661-20170524アラカルト/

 

引用

 


.....ヘイト法から1年である。6月5日川崎デモに関しては完璧な第三者だったので
対応は当事者任せだったのだが、9月になっても動きがなかったことから、情報収集にはいり、10月末、第一次告発として東京地検に関連告発状を送付している。
 東京地検は4回、横浜地検は8月2日伏見事案を含めると都合3回である。
第三次告発までは事実関係の証明と疎明が求められており、外患罪が適用下であることを否定していた。これが第四次告発でがらりと変わったのは既報の通りであるが、事実関係に争いのない事案を告発していることから、この返戻理由は首をかしげるものであった。 とくにTBS事案は当初からテレビ局の報道特集DVDに写真を添付し、デモ事案でも同様の証拠を添付していたのである。
 そのDVDや写真が不思議なことにまったく返戻されてこない。また返戻理由にある5W1Hについては逆にどこまで調べたかがわかるようにしておいた。
 この件「№32伏見事案」には日時その他証拠として必要な要件を満たしたリスト23件を添付しており、その個々の内容は「7,8,5,7,2,19,6,37,3,4,14,9,6,7,10,7,15,14,14,149,54,45,34」という総ページ数376ページにもおよぶものであったが、なんと多くとも4ページ以上は読んでいないという悲惨な状況が判明している。
 また6月5日川崎デモの前後においては、在日組織との癒着によるデモ目的すり替えに代理人として在日や反日勢力弁護士が参加しており、何の関わりもないデモを当初からヘイトデモと決めつけて3人の裁判官が決定を下し、その他公園使用不許可は多くの関係職員が一顧だにせずあろうことか、福田川崎市長までこの犯罪を決裁しているのである。
 この件は在日弁護士を含む5名の弁護士を告発、また虚偽の申請をヘイトデモと決めつけて決定処分を下した裁判官3名、そしてそれを裁可した川崎市長がそれぞれ告発されるという前代未聞の事案となっているが、横浜地裁への前回告発が弁護士5名と裁判官3名が連名であったがため返戻という言い訳の可能性を除去するため、今回は個別の刑事告発となった。
 今後、デモ参加当事者による民事、刑事告訴が提起される予定である。
 そもそも告発の大本である青丘社が当初から6月5日のデモはヘイトデモではないことを認識しており、申し立ての証拠として南関東地区スケジュールを甲第5号証としてコピペしている。ここにはヘイトのへの字も見当たらない。
 また青丘社理事長は自ら大韓民国国籍を持つ特別永住者であるとしているが、この申請デモが共産党糾弾という政治デモであることが明らかであるから、外国人勢力の国政への関与を禁じた最高裁判決に反する行為であり、ヘイトに名を借りた犯罪であることは明白である。
 申し立てや決定書にある彼らの主張するヘイトと称する事例に関しては、関係者がその具体例やヘイトの法的根拠、その他、認識について関係資料の開示を求めていたが、その回答が、なんと「該当条文がない。該当文書が不存在のため開示することができません」
とは驚いた。根拠なき仮処分であったというわけだ。
 ここ数日中に、必要書類をPDFでアップするのでご覧いただきたい。



.....予定稿が完成していないので下書き状態となっている。


引用以上


拡散希望します
余命三年時事日記
余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記2
余命三年時事日記外患誘致罪
余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

余命2017/5/23アラカルト

余命三年時事日記さんのブログです

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/23/1660-2017523アラカルト/
引用


.....色紙の件は大和会の事務局の処理なのでわからないが、送付した絵柄のナンバーは記録しているので理由がありミスではないと思う。そのままでいいだろう。

 


.....いい悪いや信憑性を考える前に、とりあえずいろいろ情報を集めることだ。単純にその比較である程度のことはわかる。まだ完全にアップ処理できていないが、東京地検の異変シリーズのみなさんの投稿、あるいは直接的に全国地検の対応をPDFでアップすることにより、事実をベースにした状況把握が可能となる。メディアがねつ造や偏向報道で汚染され、司法の癒着も危機的であるが、国民が目覚めれば瞬時にこの状況は改善される。政権も民間もひた押しに進んでいるからもう少しの我慢だな。



.....国民の1割も目覚めれば「日本再生」は成就する。日本を貶めている勢力が明らかになった時点で勝負は終わる。ということはもう終わっているね。

 

 

.....沖縄那覇地検の件は単純に考えれば政権の意向であろう。全国の地検がほぼ同じ文言で返戻しているから、どこまでという問題はあるが、少なくともその部分で上級地検が介入していることは間違いない。
 沖縄の現状が徐々に明らかになっているが、その実態は常識的な反対活動とか抗議行動のレベルを超えている。政権としては外国人勢力が参加している実態に対処するのに通常の平時法ではもう無理とみているのだろう。
 安倍政権としては、法でもって平和裏に収拾を図ろうとしているが、あからさまな外国人勢力の介入には断固とした対応をとらざるを得ない。現在の日本の安全保障に関する法体系は憲法9条にあるようにアバウトで整備されていない。平時、有事の定義さえ曖昧で国際法上のルールからはかけ離れている。このいわゆるグレーゾーンでも対応できるのが共謀罪で、有事外患罪、平時共謀罪としているのはそういう意味である。
 明らかな戦争状況が発生しなければと拡大解釈して適用のハードルを高くする外患罪より共謀罪の方が使い勝手がいいが、成立までは外患罪の保険をかけておく必要がある。
外患罪共謀罪も基本的には親告罪の要素がかなり強いので、政権としてはかなりグレーな状況であっても動ける保険として、民間が外患罪で告発している事案がある状況下であることが望ましい。外患罪安倍総理のカードとなったということか。


引用以上

拡散希望します
余命三年時事日記
余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記2
余命三年時事日記外患誘致罪
余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

余命2017/05/22アラカルト2

余命三年時事日記さんのブログです


http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/22/1659-2017522アラカルト2
今回は余命氏のコメントは有りません。改行もなく、とても読みにくい文章になっています。忙しいのかな?笑笑?

余命2017/05/22アラカルト

余命三年時事日記さんのブログです

 

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/22/1658-2017522アラカルト/

引用


.....余命自身を含めて余命ブログに品格など全くないし必要もない。極端に私的、宣伝、宗教、政治的なもの、また誹謗中傷その他非常識的なもの以外は掲載するようにしている。真偽その他の判断は読者に任せている。
 本日、すでに12件の投稿があるが、そのうち10件は明らかななりすまし、無責任投稿である。通常、掲載している記事の数倍はそのような投稿である。不正アクセスについてもチェックを入れているが、今月すでに3000件をこえている。
 今更ではあるが、余命ブログはアフィではない、単なる事実記事の解説、コピペブログであり、なりふりかまわぬ実戦ブログである。
 まあ心配はご無用。昨年告発開始からすでにスパムコメントだらけになっている。

 

 

 


.....修正した。返送は結構である。

 

引用以上

拡散希望します
余命三年時事日記
余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記2
余命三年時事日記外患誘致罪
余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

余命押し紙2

余命三年時事日記さんのブログです


http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/22/1657-押し紙2/


引用


以下は過去ログ「611押し紙」を再掲した。長文だが参考になるだろう。余命ブログは当初から在日や反日勢力の妨害を考慮して、検索に対する防御措置をとってきた。先般それを整理してすべての項目の検索が可能となっている。「押し紙」で検索すると驚くぞ。

 

 


引用以上

拡散希望します
余命三年時事日記
余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記2
余命三年時事日記外患誘致罪
余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

慰安婦の碑訂正

狼魔人日記さんのブログです

http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/3c96d9b0ed6e59d4f0e7795b6d2375cb

引用

 

「日本軍が慰安婦を強制連行した」などと嘘の証言で朝日の虚偽報道の原因を作った詐話師・吉田清治氏の長男が吉田氏の「謝罪の碑文」を「慰霊の碑文」に書き変えたのだ。

この事実を知って、韓国に衝撃が走った。

慰安婦問題に、「ライタイハン」の他に「吉田氏の長男による謝罪碑文」の撤去という「新しい動き」が出てきたのだ。

韓国メディアが衝撃を受けた理由はまず第一に、碑文を書き変えた張本人がほかでもなく慰安婦虚偽報道の原因を作った詐話師・吉田清治氏の長男であることが分かったからだ。

次に、韓国内に在る「謝罪の碑文」は父親吉田清治氏が出版本などの印税で建てており、長男に所有権があるため、市民団体でも差し止めることができず、今後も差し止め不可能なこと。 長男は「父が私費を投じて建てた碑であれば、遺族の権限で撤去が可能だ」と考えた。

ちなみに吉田清治氏の著書『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』は、慰安婦を「性奴隷」と位置づけた96年の国連のクマラスワミ報告にも引用されている。

そして「謝罪文書き変え」の事実が韓国メディアで拡散されたら、今後の慰安婦像の建設に水を差すことになりかねないからだ。

したがって韓国メディアは産経新聞のスクープ記事を、一切報道せず、黙殺で対応しているという。

日本側としては、この韓国にとって「不都合な事実」をネットで拡散することにより、予想される今後の慰安婦建立に鉄鎚を加えるべきではないか。

何よりも韓国メディアにとってショックだったのは、慰安婦虚偽報道を流布させた張本人・吉田清治の長男が、父の虚偽流布に「耐えられない」として「謝罪碑文」の撤去という実力行使にでたことだ。

産経新聞 2017.5.13 19:26更新
吉田清治氏の慰安婦「謝罪の碑文」の書き直し 「張本人が長男と分かり衝撃」 韓国紙の電子メディア 主要紙は報じず 

f:id:kidokazu2:20170522072255j:image 

 

3月に「謝罪碑」から「慰霊碑」に書き換えられた「望郷の丘」の碑文 

 f:id:kidokazu2:20170522072312j:image

 

 

3月に「謝罪碑」から「慰霊碑」に書き換えられた「望郷の丘」の碑文 

 


引用以上


吉田清治氏は背乗りされたという噂があります。事実ならばこの息子も日本人ではないわけです。しかしながら、「日本人としての心」を持っていると言えるでしょう。